愛知県小牧市の総合園芸センター近藤種苗店では家庭菜園、ガーデニングにおすすめな野菜苗や野菜種、花苗、植木、盆栽を数多く取り扱っております。

近藤種苗店
  • 近藤種苗店のご案内
  • 商品カレンダー
  • 家庭菜園について
  • 最近のお客様からの質問回答コーナー&ニュース
よくあるご質問

ご質問一覧

このページのトップへ
ほしい苗がなかなか見つからないのですが…。
当店では、様々な野菜種や野菜苗、花苗等を取り扱っております。
ぜひ一度ご来店いただき、お客様ご自身の目でご確認ください。万が一ご希望の種や苗が見つからなかった場合は、1つからでもお取り寄せいたします。
品種選びの際、アドバイスしていただくことは可能ですか?
はい、もちろんです。当店では、「かんたん」「おいしい」「たくさん獲れる」種苗をおすすめしております。 お客様のご要望に合った種苗をご案内させていただきますので、どうぞお気軽にご相談ください。
野菜がうまく育たないのですが、どうしてでしょうか?
野菜を上手に育てるには、土壌に含まれる肥料成分のバランスを保ち続けることが大切です。
化学肥料の多用はできるだけ避け、落ち葉や木屑などの有機質をたっぷり含んだ肥料(堆肥など)を施すようにしましょう。 また、堆肥を与えた後、水分や空気をしっかり確保することも栄養豊かな土壌づくりに欠かせません。
酸性土に弱い野菜は何ですか?
代表的なものは、ホウレンソウ、エンドウ、レタスです。
逆に強いものは、サツマイモ、トウモロコシです。
サツマイモの収穫が悪いのはなぜ?
ツルが繁茂し過ぎている状態の場合、土壌的に「排水が悪い」「窒素肥料が多い」この2つの原因が考えられます。ツルの伸びが良好であれば、定植時に浅く植えたか、または晩生の品種を選んで早く収穫した可能性があります。
品種では最近「ウイルスフリー」苗が好評です。ぜひ一度お試しください。
冬の間、大根を長く収穫するにはどうしたらいいですか?
一般的に、大根はやや高めの適温時期に播種すれば60日で収穫できます。そのため、ほとんどの品種は年内で収穫して終了します。大根を長く収穫したいのであれば、まず低温肥大性に優れ、耐寒性を持つ品種を選びましょう。それを9月末〜10月中旬にまけば、1月〜3月初めまで収穫することが可能です。
おすすめの品種は「冬の浦総太り」と「緑輝」。おいしい大根ですよ。
玉ネギのとう立ちをなくすにはどうしたらいいですか?
一般的に大きい苗を植えると「とう立ち」しますが、それは播種が早いことと、天候(特に高温)による生育の前進が主な原因です。
当店も苗の販売のために苗生産農家と相談し、播種時期を年々遅くしております。10年前に比べると7〜10日ぐらい遅くなりました。それでも100%とは言えません。
その他、冬季の肥料不足も「とう立ち」の原因として考えられます。
余談ですが、肥料過多や止め肥が遅いと夏季に腐る原因となりますので、こちらも注意しましょう。
このページのトップへ
Q&A
Blog

アクセスマップはこちら